コンバージャー

コンバージャー(通話録音用アダプター)は「クライアント側通録」を実現するアダプターです。

コンバージャーについて

「クライアント側通録」を提唱するTLCの通話録音用アダプターです。
電話機本体と受話器(ヘッドセット)の間に接続し、通話中の音声をUSB経由でPCに送って録音する方式のため、電話機の種別は問いません。アナログ電話機、デジタル電話機、IP電話機などにおいて、高品質かつ低価格の録音システムを実現します。

設備全体像

設備全体像

コンバージャーの特長

(1)USB経由の通録アダプター

PCにUSB接続できる通録アダプターです。

(2)回線工事を必要としない簡単な導入・追加

電話機本体と受話器(ヘッドセット)の間に接続し、通話中の音声(通話相手と自分の音声)をUSB経由でPCに送る方式のため、電話機の種類(家庭用、ビジネスホン、IP電話機など)、回線の種類(INS、VoIP、PBX内線など)に依存しません。
既存の環境にそのまま導入でき、回線工事も不要です。

(3)専用のAPIを提供

録音、再生、音量などをPCのアプリケーションからコントロールするための専用APIを提供しています。

(4)多様な再生方式

受話器(ヘッドセット)、専用コネクターへの再生だけでなく、回線への再生(通話相手への再生)も行えます。

(5)豊富な録音開始・停止方式

  • (a) 側音オン・オフの検出を使った電話機のフック検知(無音検知)による開始・停止。
  • (b) 通話中の音圧検知(有音検知)による開始・停止。
  • (c) 特定の電話システムとの連動による開始・停止(連動ミドルウェアを提供)。
  • (d) 専用APIを使った開始・停止(有償にて当社でカスタマイズを行うことも可能)。

これらの機能を環境によって使い分けることで、有効な自動開始・停止を実現できます。

(6)送受話別々の音量調整

送話音声(自分の音声)、受話音声(相手の音声)の音量を別々に調整して録音することができるため、「どちらかの録音音量が小さい」などの問題がありません。

(7) 通話音声のテキスト化などに最適なステレオ録音、ST-キャンセル機能(特別バージョン)

特別バージョンとして、送話音声(自分の音声)、受話音声(相手の音声)をステレオの右、左に分けて録音するタイプや、さらに、ステレオ録音の受話音声から側音(Side Tone)を消すことができるタイプもあり、通話音声のテキスト変換などに最適です。

(8)内線を含め、IP電話システムの全通話録音が可能

このアダプターの取り付けられているIP電話機のセッションは、内線通話を 含めて、全てのRTPパケットを取り込むことが可能です。SIPサーバーやIP-PBXの出入り口に取り付けられた制御パケットをモニターする機構との連携により、どんな形状のネットワークでも全てのセッションの全通話録音が実現します。
当社取扱のAi-Logix社製VoIPモニター製品と通話録音アダプターを組み合わせた、SIP、Avaya 、CiscoなどのVoIPサーバー、IP-PBXとの連携ソリューションが準備されています。

コンバージャーのラインナップ

通話録音用途に使用する「モノラル版」に加えて、音声認識や感情分析といった高度な音声処理に対応するため、ステレオ録音や高サンプリングレートに対応したバージョンを提供しています。

モノラル版コンバージャー
送話音声・受話音声をミックスしたモノラル音声をPCに送信します。
(送信形式は8kHz16ビットモノラルとなります。)
ステレオ版コンバージャー
送話音声をステレオのR側、受話音声をステレオのL側に分離してPCに送信します。
(送信形式は16kHz16ビットステレオとなります。)
受話音声には送話音声が混入しています。
EC版コンバージャー
送話音声をステレオのR側、受話音声をステレオのL側に分離してPCに送信します。
(送信形式は16kHz16ビットステレオとなります。)
受話音声に混入している送話音声はEC機能により低減されます。
モノラル版・ステレオ版コンバージャー
モノラル版・ステレオ版コンバージャー
EC版コンバージャー
EC版コンバージャー

コンバージャーの仕様

インターフェイス TEL端子、受話器(ヘッドセット)端子、アース端子、モニター用端子、USB端子、LED、ボタン。
給電方式 USBバスからの給電。 PCから切り離された状態(給電なし)でも通話は可能。
対応OS Windows 98 SE、Windows 2000 、Windows XP、Windows VISTA、Windows7、Windows8 (8.1)、Windows10

コンバージャーを用いた通話録音システム

通録プラス

コンバージャーを利用した、オールインワンの通話録音パッケージです。
録音、録音ファイルの検索・再生機能などが使いやすいGUIで提供されているほか、稼働状況の監視や、スケジュール・バックアップにも対応しています。

≫ 通録プラスについて
通録プラスについ

通話録音PBX連携ソリューション

PBXの通信情報を取得することにより、PBXと 連携し、通話の開始と終了に同期して録音ファイルを作成します。
PBXの通信情報から、発信者番号、着信番号、オペレータID、内線番号などを受け取ることが可能で、これにより検索を行うことができます。

≫ 通話録音PBX連携ソリューションについて
通話録音PBX連携ソリューション

CRM連携録音システム

コンバージャーを制御する「通録API」を用い、CRMアプリケーションの応対履歴画面に紐付いた録音ファイルを作成します。
応対履歴画面からの呼出で録音ファイルを再生できるため、業務の効率 化、顧客対応の品質向上が期待できます。
Fast Help(テクマトリックス)、CT-SQUARE(東芝ソリューション)、Business View(NECネクサソリューションズ)などとの連携実績があります。

≫導入事例

音声認識システム連携

コンバージャーを制御するDLLを用い、送受話分離された音声をPCに送出して、音声認識システムに受け渡します。
Ami Voice (アドバンスト・メディア)、Visual Voice (NEC)などとの連携実績があります。

≫導入事例

コンバージャーに関するお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ
TOP PAGE