DupliCALL DC-LOGシリーズ

コンバージャー(通話録音用アダプター)は「クライアント側通録」を実現するアダプターです。

DupliCALL DC-LOGシリーズは、信頼性の高いハードを組み合わせた工業用PCサーバーをベースに、日米を含む世界市場で豊富な実績を誇るAi-Logix社の通話録音専用ボードとソフトウェア(SmartWORKS)を使ったエンタープライズ用のコールロガー製品です。
中国のDupliCALL社から最終製品として販売されるDCシリーズは、日本国内では、TLCが総代理店として取り扱います。高い品質と低コストを実現したDCシリーズをぜひお試しください。

DCシリーズには、Microsoft®Skype for Business 2015 (SFB) / Lync 2013 / Lync 2010の通話録音に特化した「DC-LOG AS」を始め、エンタープライズ用ロガーのエントリーモデルとして「DC-LOG ES」、コンプライアンスに必要な機能を備えた「DC-LOG EP」があります。
さらに、既存のSIPロガーを他の回線インターフェイス(SFB/Lync、PRI、BRI)で使用するためのゲートウエイ製品「DC-PGWシリーズ」や、DCシリーズのハードウェア部分を構成するシングルボード・コンピューター「DC-SBCシリーズ」、対面録音の新しいコンセプト、MoIPのためのアダプター「DC-AudioPOINT」、アクセサリーとしてのタップボックス「DC-TX」、拡張シャーシー「DC-EXPANSION」、分岐ボックスなどを提供しています。

DC-LOG Eシリーズ

DC-LOG Eシリーズ 音をトータルに録る。 通話録音も対面録音も、一元的に保存・管理

DC-LOG Eシリーズは、音声をトランク側 (INS1500、INS64、アナログ) で録音し、同時に内線の呼情報をPBXのSMDRインターフェイスから取得します。これにより、録音は呼の終了まで同じトランクのチャネルに関連づくため、会議や転送の場合でも1つのファイルに収まります。また、SMDRを使うことによりCTIとの連携が必要なくなり、低コストが実現します。

SMDRとRT-SMDR (リアルタイムSMDR)

SMDRは、PBXやIP-PBXなどで広く使われており、RS232シリアルポート経由や、最新のIPベースの機種では日付つきファイルのFTP転送で情報が提供されます。提供される呼情報には通常、日付・時刻、通話時間、発信ダイヤル番号、発信者番号、トランク番号が含まれます。 

設備全体像

SMDR情報は、通常、通話が終了してから提供されますが、最新のRT-SMDRでは情報の対象となるインシデントの発生時に報告されます。DC-LOG Eシリーズは、RT-SMDRでの情報入手ができる場合、トランクや内線のステータスモニターやライブモニターができます。なお、通常のSMDRの場合はリアルタイムでの内線状況が不明なため、トランクのステータスモニター、ライブモニターのみの対応となります。

DC-LOG Eシリーズの特長

MoIP製品一覧

DC-AudioPOINTWiFi アダプターマイクロフォン

転送トレイル

転送回数がいくら多くても転送経路を残すことができ、1通話1ファイルと合わせ管理が容易になります。

スマートフォン録音 
外出先での打合せや会議の対面録音に

外出先での会議は、専用Appのワンタッチでスマートフォンに録音ができます。会社に戻り、社内ネットワーク経由で指定されたDC-LOG Eが認識され次第、録音ファイルは自動的にアップされ、一元的に保存・管理されます(アップされるまで録音ファイルの編集・削除はできません)。

MoIP(Mic on IP)
店頭、会議室での対面録音に

店頭や会議室などでの対面録音を一元的に保存・管理することができます。各支店での会議録音は中央で保存・管理され、拠点からの聞き出しはネットワーク経由で行えます。

DC-LOG ES と DC-LOG EP

DC-LOG ES 標準バージョン

エンタープライズ用録音システムの標準バージョンとして、通話録音、対面録音の便利さを実感いただける製品です。標準の録音・再生機能、伝言などに使える録音ファイルの送付、対面録音機能などが含まれます。

DC-LOG EP プロバージョン

標準機能に加え、コンプライアンスに必要な機能などを加えた、エンタープライズのプロバージョンです。 ファイルの暗号化、ファイルのバックアップ、マルチレベルのグループ管理機能などが追加されます。

DC-LOG ES と DC-LOG EP の比較

  DC-LOGES DC-LOG EP
モノラル録音、ステレオ録音
発信者番号、発信先番号などでの検索
連続再生、高速再生、スロー再生
録音ファイルのダウンロードや、メール機能
録音メモ、録音タグ
転送トレイル
アラーム通知
システム・ヘルスメーター
PINによる特定内線の録音ファイル保護 5つまで 全内線
録音ファイルの保存ポリシー 1つ 複数
グループ管理 シングルレベル マルチレベル
ユーザー認証、監査証跡
録音ファイルの暗号化(AES128ビット) ×
録音ファイルのバックアップ ×

DC-LOG Aシリーズ

DC-LOG Aシリーズ レガシーPBX録音からSkype for Business (SFB) へ PBX録音の発展形

DC-LOG A シリーズは、従来のレガシーPBXの録音から最新のMicrosoft®SFBの録音へと進化した通話録音システムです。

DC-LOG AS
Skype for Business (SFB) / Lync2013 / Lync2010のすべての通話を録る

DC-LOG ASは、Microsoft社に認定された通話録音のプラットフォームを使用したソリューションで、PSTN外線、内部クライアント、外部クライアント/フェデレーション、会議通話、モバイルクライアントなど、Skype for Business、Lync 2013、Lync 2010のすべての通話を録音できます。録音されたファイルはウェブベースのGUIから簡単に検索・再生でき、導入後すぐにお使いいただけます。

DC-LOG ASの特長

  • ・全通話録音の他、必要に応じたオンデマンド録音、オンデマンド保存が可能。
  • ・通話録音通知をご希望に合わせてカスタマイズ可能。
  • ・同じシステム経由のすべてのSFB通話を録音。
  • ・豊富な検索・再生機能による、録音ファイルの検索・保管・ダウンロード・メールが可能。
  • ・拠点での録音・保管機能によるWANの障害時の録音継続で分散化を実現。
  • ・ユーザー毎の細分化されたプロファイル設定により堅固なセキュリティーを実現。
  • ・コンプライアンス、品質保証、セキュリティー、取引確認などに最適。
  • ・ソフトウェアライセンスのため、導入・アップグレードが容易。

DC-LOG ASの録音方式

DC-LOG ASには録音の必要性の違いにより、いくつかの導入形態があります。次の表に導入形態の3通りの選択肢と、それぞれの録音範囲と機能の違いを示します。
Microsoft社認定済みのプラグインをフロントエンドサーバーとエッジサーバー(プロキシーサーバー)に入れた場合に、DC-LOG ASはすべてのSFB/Lync通話を録音することができます。

認定済みプラグインのインストール個所による違い

すべての通話を録音

1.プラグインをフロントエンドにインストール
2.プラグインをエッジ/プロキシーサーバーにインストール

すべての通話を録音

ミラーポートからの録音

1.プラグインをフロントエンドにインストール
2.ミラーポートに接続

ミラーポートからの録音

PSTNとの通話とクライアント-クライアント間の通話を録音

1.プラグインをフロントエンドにインストール
2.プラグインをメディエーションサーバーにインストール

PSTNとの通話とクライアント-クライアント間の通話を録音

DC-PGW SFB/Lync、INS1500、INS64をSIPに変換

適応ネットワーク

LyncやTDMの通話をSIPに変換するパッシブ・ゲートウェイで、INS1500、INS64やマイクロソフト社のSFB/Lync2013/Lync2010の通話を、既存のSIP用ロガーでそのまま通話録音するためのデバイスです。
DC-PGWは、TDMやSFBのシグナリング情報をSIPのプロトコルに変換するとともに、通話音声データをSIPのRTP(コーデック指定)に変換します。

DC-PGW S2S
マイクロソフトSFBからSIPへ

DC-PGW S2S はマイクロソフト社の Skype for Business (SFB)、Lync2013、Lync2010の通話をSIPに変換し、音声データと呼制御情報を合わせたSIPのフォーマットで通話録音システムへ送ります。
これにより、SFB/Lyncの通話を既にお持ちのSIP通話録音システムで録音することができ、低予算での録音システムの変更が実現します。

DC-PGW P2S
INS1500からSIPへ

DC-PGW P2S はINS1500トランクにパッシブに接続され、そこからの音声ならびに呼制御データをSIPのフォーマットに変換してSIP通話録音システムに送ることができます。 
これにより、既存のSIP通話録音システムを使ったINS1500 の録音が実現します。
DC-PGW P2S には規模により1U、2U、4Uの3つの選択肢があり、DC-PGW P2S(4US)とDC-PGW P2S(4UE)では最大で10のINS1500をSIPに変換することができます。

DC-PGW B2S
INS64からSIPへ

DC-PGW B2S はINS64のS/T点にパッシブに接続され、そこからの音声と呼制御データをSIPのフォーマットに変換して SIP通話録音システムに送ることができます。 
これにより、 既存のSIP通話録音システムを使ったINS64の録音が実現し ます。
DC-PGW B2Sには規模により1U、2U、4Uの3つの選択肢があり、DC-PGW B2S(4US)とDC-PGW B2S(4UE)では最大で60のINS64をSIPに変換することができます。

DC-SBC シングルボード・コンピューター

DC-SBC 1U

製品仕様、構成

CPU: Quad Core, 2.0GHZ
メインメモリー: 8G
ストレージ: 1TB
(110khr/ch G.729)
RAID: RAID 1
PCI-eスロット: 3
オーディオ端子: 5.1
LANポート: 2x Gbit
USB: 2
ディスプレイ: VGA、DVI-D
RS232: 2
キーボード: 1
マウス: 1
電源: 250W (100VAC-240VAC)
外形寸法: 1U (W48.26 x H4.45 x D40.00 (cm)
重量: 6.5Kgm
シャーシー: スチール製
保証: 1年(返却の上で修理、交換)
DC-SBC 2U

製品仕様、構成

CPU: i5, 3.3GHZ
メインメモリー: 16G
ストレージ: 1TB
(110khr/ch G.729)
RAID: RAID 1
PCI-eスロット: 3
オーディオ端子: 5.1
LANポート: 1x Gbit
USB: 4
ディスプレイ: VGA、DVI-D、HDMI
RS232: オプション
キーボード: 1
マウス: 1
電源: 300W (100VAC-240VAC)
外形寸法: 2U (W48.26 x H8.89 x D45.00 (cm)
重量: 7Kgm
シャーシー: スチール製
保証: 1年(返却の上で修理、交換)
DC-SBC 4US

製品仕様、構成

CPU: i7、4.0GHz
メインメモリー: 16G
ストレージ: 4TB
(540khr/ch G.729)
RAID: RAID 1
PCI-eスロット: 6
オーディオ端子: 7.1
LANポート: 1x Gbit
USB: 6
ディスプレイ: DP、VGA、DVI-D、HDMI
RS232: オプション
キーボード: 1
マウス: 1
電源: 450W (100VAC-240VAC)
冗長電源 400W (100VAC-240VAC)
外形寸法: (4U) W48.26 x H17.78 x D44.00 (cm)
重量: 11.2Kgm
シャーシー: スチール製
保証: 1年(返却の上で修理、交換)
DC-SBC 4UE

製品仕様、構成

CPU: E5、3.5GHz
メインメモリー: 32G
ストレージ: 4TB
(540khr/ch G.729)
RAID: RAID 1
PCI-eスロット: 7
オーディオ端子: 7.1
LANポート: 2x Gbit
USB: 9
ディスプレイ: VGA
RS232: オプション
キーボード: 1
マウス: 1
電源: 冗長電源 400W (100VAC-240VAC)
(4U) W48.26 x H17.78 x D44.00 (cm)
重量: 11.2Kgm
シャーシー: スチール製
保証: 1年(返却の上で修理、交換)

アクセサリー

DC-EXPANSIONシリーズ

3 PCIスロットIPS

7 PCIスロットIPS

7 PCIスロットRIPS

DupliCALL DC-LOGシリーズに関するお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ
TOP PAGE