通録プラス

通録プラス

通録プラスについて

通録プラスについて

コンバージャー(通話録音用アダプター)を利用した、オールインワンの通話録音パッケージです。
お手持ちの電話機(デジタル電話機、IP電話機など)に簡単に接続でき、面倒な工事も必要ありません。また、PCがあれば1台から導入可能。ネットワーク環境での利用にも対応しています。

通録プラスの特長

(1)受話機の上げ下げ(フック)で録音を開始・停止

受話器(ヘッドセット)に流れる側音の環境による差異を調整でき、受話器の上げ下げ(フック)での録音の開始・停止を実現しています。

(2)送話・受話の音量のバランスを整えて録音

電話機環境の差異による送話・受話の音量のバランスを整えて録音することができます。

(3)あらゆる電話機に対応

電話機本体と受話器(ヘッドセット)の間に流れる音で動作するため、多機能電話、IP電話機など、電話機の種類に依存しません。

(4)1席から導入可能

どのような電話環境で使用する場合にも1席から導入・追加が可能です。また、特別な回線工事も必要ありません。

(5)USBでPCと接続

USBから給電するため、アダプター用のAC電源は必要ありません。

(6)クライアント側通話録音

録音の状態、録音時間が画面に表示されるため、万が一録音できていない場合もすぐに発見できます。また、各クライアントで録音しているので、故障発生時の影響範囲は、故障端末のみです。

(7)PBX連携

NEC PBX(OAI、Aspire使用)、日立 PBX、Genesys、Cisco PBX(CUCM)と連携して録音を開始・停止することが可能です。 また、着信番号、発信者番号、内線番号などで録音ファイルを検索することができます。

≫ 通話録音PBX連携ソリューションについて

(8)セキュリティー機能

「PCへのログインIDによって、検索・再生の許可を与えない」などの運用が可能です。

(9)その他

SV用モニター機能(リアルタイムモニター)、管理機能(バックアップ、期間削除、アクセスログ)が用意されています。

通録プラスの機能

通話録音

  • 受話器の上げ下げ/ 音の有無/ PBX連携による自動録音
  • 全通話録音(内線電話も録音、転送電話は転送先で録音)
  • 録音ファイルの保存先を設定可能(ローカルPCからコピー可能な媒体(Windows 系サーバー、NASなど)への保存)
  • 録音ファイルの圧縮形式を設定可能(PCM 、ADPCM 、True Speech )

※ True Speech はWindows Vista/7/8/8.1では使用できません。

検索・再生

  • 日時、端末番号、発信者番号、着信番号、コールIDによる検索

※ 発信者番号、着信番号、コールIDの検索はPBX連携のみ。

  • 表示された検索結果からダブルクリックのみで再生
  • イントロ再生、直前の音声再生、スロー~3倍速の再生

アクセス制限機能

  • PCのログインID毎に使用できる機能の制限を設定可能

管理機能

  • 定期的なバックアップと指定期日を超えた録音ファイルの削除
  • 各端末の状態の表示
  • アクセスログ(検索画面での操作記録)の表示
  • バージョンアップ、設定変更のダウンロード機能
  • ログアップロード機能
通録プラスの機能

PBX連携機能

  • NEC PBX(OAI、Aspire使用)、日立 PBX、Genesys、Cisco PB(CUCM)との連携による録音の開始・停止
  • 録音ファイルへの発信者番号、着信番号、コールIDの付与

≫ 通話録音PBX連携ソリューションについて

その他

スーパーバイザー用モニター機能・リアルタイムモニター(オプション)
管理機能(バックアップ)

通録プラスの構成

接続図

接続図

動作環境

クライアントPC
  • 対応OS: Windows 2000/XP/Vista/7/8/8.1/10
  • 本システム用に1つのUSBポートが使用できること
音声蓄積サーバー
  • クライアントPCからコピー可能な媒体(Windows 系サーバー、NASなど)

※ クライアントPCに音声ファイルを保存する場合は不要。

通録プラスに関するお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ
TOP PAGE