Busylight for Lync TM

Lyncを見える化する「Busylight for Lync」

Busylightについて

Kuando Busylight for Lyncについて

当初は、ヘッドセットを使用している人(オペレーターなど)が通話中か否かを視覚化し、通話中に話しかけられたりするのを防ぐために開発された製品でした。
その後、通話中に限らず忙しいか否か、Busy / Not Busy を常に可視化できるよう改良。ジャマを防いで仕事の効率を高められる、オフィスでのトータルなBusyインジケーターとして生まれ変わりました。
さらに、Ringer & Presenceの2-in-1ソリューションとしてLync™コールやIMの着信をLED(視覚)と音(聴覚)で知らせる他に、Presence情報をそのまま可視化できるようにしたのがMicrosoft® Lync™版です。

Busylight for Lync™の機能

LyncコールやIMの着信インジケーターとして

  • Busylight for Lync™内蔵スピーカーからの再生音と、LEDの点灯・点滅により、IMやLync™通話の着信を知らせます。
  • 音源は Busylight for Lync™内部の8種類から選択できます。
  • 音量も設定可能です。
  • LED色の変更、カスタム化も可能です。
LyncコールやIMの着信インジケーターとして
Presenceインジケーターとして

Presenceインジケーターとして

・Lync™のPresenceと同色を使用しています。

赤(点灯) 多忙中(Busy)
赤(点滅) 通話中
紫(点灯) ジャマするな(Do Not Disturb)
黄(点灯) 外出中・離席中
緑(点灯) 非多忙(Available)

・RGBの調整による色の追加、カスタム化が可能です。

Lyncツールのプラグイン

Busylight for Lync™のLync™用ソフトにより、次の機能がお使いのMicrosoft® Lync™に追加されます。 機能の追加は下記のGUIからの設定で行います。

  • 話中呼をデフォルト通り2番目の呼として待機させるかを選択。
  • ホットキーとしてFキーを指定し、選択された電話番号へ発信。
  • ホットキーとしてFキーを指定し、通話の応答・切断(トグル)。
Lyncツールのプラグイン

導入のメリット

Busylight for LyncでLyncへの移行がスムーズに
  • リング音の再生やLEDの点滅で、通話やIMの応答漏れを防止
  • ヘッドセット使用の問題点が解消される
  • 親しみ慣れた従来の電話システムとのネガティブギャップがなくなる
  • Lync™をより親しみやすいものに
Buaylight fo Lyncで生産性が向上
  • Lync™のPresence情報が明瞭に可視化される
  • 「忙しい」が見える。
  • 忙しい時にジャマされない、ジャマしない
  • 自分の時間は自分が管理(集中できる時間を確保できる)
  • オフィスでの生産性が向上する
Busylight取扱説明書はこちら
PDFダウンロード
PDFファイルをご覧いただくためには、最新のAdobe Readerが必要です。
こちらからダウンロードしてください(無料)。
メールでのお問い合わせ
TOP PAGE